女の子が不快に感じることは絶対にしないでください

女の子が不快に感じることは絶対にしないでください


女の子が不快に感じることは絶対にしないでください
女性は多くの場合、自分がデリヘルで働いていることを、人に隠しています。
盗撮というのはお店の禁止事項にも定められており、もし発覚してしまったら多額の慰謝料の請求に応じなければいけないこともあります。デリヘルというのは合法で営業することが可能で、決してこっそりと違法行為をしているワケではありません。
申請をすることで営業許可が取れるのですが、無許可で営業をしているデリヘル業者もあります。最近のデリヘルでは、若くてキュートな女の子が多く働いており、全体的な容姿のレベルが上がっています。
もちろん熟女や人妻などといった女性も在籍しているので多くの男性の欲望を実現させることが出来ます。
デリヘルを呼んだ時に物陰にわからないように隠しカメラを設置して、それで女性と自分のプレイを撮影している人がいます。
このような盗撮行為をやりたくなる気持ちは、管理人もわかりますが、絶対に実行に移さないようにしてください。

盗撮をした映像を自分が見るだけならまだいいのですが、ネットに公開してしまったりする人が多くいます。
エッチな行為をしている姿を公開されてしまった女性がどれだけ傷ついてしまうのかをしっかりと考えましょう。




女の子が不快に感じることは絶対にしないでくださいブログ:18-10-25

夫婦というものは、
夫婦なった瞬間から本当にしょうもない事で
ケンカをするのだなぁ…と
おいらはつくづく思います。

入籍記念にお祝いという事で、
生まれ年のワインを飲んで、
「これからどうぞよろしくお願いします」と、
確かに言い合ったその次の日のこと…

幸せな余韻があってもいいはずの、
新居での結婚生活24時間目に、
おいらは主人を背後から蹴り倒したろうか…
という衝動にかられたのです。

原因は、掃除機。
掃除機を押入れにしまいに行く行かないで
言い争い、罵りあい…

いい加減このやり取りにあきれた主人は
話し合いを放棄してその場を立ち去り、
その態度においらは怒り沸騰!!

今思うと、
何でそこまで怒り狂いそうになるのか不思議なのですが、
確かにおいらは本気で主人を蹴り倒したい!と
思ったのです。

そしてググッとこぶしを握り固めつつ、
この怒りを静めたおいら。

たぶん主人の方は、
理論武装で怒りをぶつけることは出来たはず…
きっと、主人も怒りをどうにか静めようと、
その場を立ち去ったのでしょう。

結婚生活とは、一体どんなものなのか?

これからも、
蹴り倒したいと感じる時がいっぱいあるでしょう。

始まったばかりだし、
まだまだ「ままごと」の延長のように感じるし、
おいらたちは現在、週末婚だし、
結婚式は三月後なのですが…

おいらの父は押し付けがとても強くわがままだし…
そんな父に引けを取らないほど主人は頑固だし…
あいだに挟まれおいらは途方にくれ、引きこもる…
そして両方にキレル!!

入籍はしたものの、
穏やかな生活というより少々の波乱を思い、
ちょっとドキドキワクワクしています。

果たして、
おいらと主人は無事に
結婚式を迎えることができるのでしょうか?


女の子が不快に感じることは絶対にしないでください

女の子が不快に感じることは絶対にしないでください

★メニュー

デリヘル情報サイトを完璧に信じてはいけません
特に遠慮することなく女の子のチェンジをしよう
実際にデリヘルを利用する前にやるべきこと
中には悪徳行為をしているデリヘル業者も存在しています
男と違い女の子の身体はとってもデリケートなんです
今実際に行われている悪徳行為の手口とは?
部屋だけではなく風呂場やトイレも清潔にしておこう
デリヘルの女の子をやる気満々にさせるために
女の子が不快に感じることは絶対にしないでください
大切なのは初対面の時には挨拶をしっかりと


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)完全という名のデリヘルマニュアル